オリジナルラベル焼酎ギフト。 通称 “オリラベ ”は・・・『あなたの思いが伝わる感動ギフト』です。
お誕生日・結婚・引き出物・父の日・母の日・還暦祝・退職・開店などの記念の品にぴったりです。
顔写真HP04

飲食店様向け vo.5

飲食店を経営されてる方向けの提案の第5回です。
今回のタイトルは・・・

【どんな焼酎を選んだら良いのか?選択方法】 vo.5

いよいよ、どんな銘柄を選ぶか決めて行くわけですが、巷には多くの銘柄が溢れています。
あれもこれも・・・と揃えて行くと大量の種類になってしまいます。
お客様には“選ぶ楽しみ”があるように思えますが、実際は種類が多いと迷わせるだけです。

物が溢れてるコンビニですが、焼き魚のお弁当を買いに行くと棚には沢山のお弁当があっても、ご飯物→和食→焼き魚と選択して行くと・・・1種類しかなかったり。。。
つまり、種類を揃えるのは『違うタイプ』を揃える事なんです。あなたの店に必要な種類を揃える事が大事です。

まず、それぞれの焼酎の分類からタイプ別に説明します。
【麦焼酎】・・・ご存知のように麦を原料にした物ですが、さまざまなタイプがあります。
原料:麦、大麦、ブレンド。
:米麹、麦麹。 白麹、黄麹、黒麹。
蒸留:常圧蒸留、減圧蒸留。
仕込:タンク仕込み、かめ壺仕込み、木桶仕込み。
貯蔵:タンク、かめ壺、木樽。 1年貯蔵、3年以上の長期貯蔵。
製品:単一品、ブレンド品。

これらが複雑に絡み合って・・・味が生まれます。

例えば・・・常圧蒸留なら、麦の味わいが深くなりますし。減圧蒸留なら、軽い味わいになります。
タンクで貯蔵せずに、かめ壺で長期貯蔵すれば、さらにまろやかな味になります。
軽いタイプからハードなタイプまでありますから、お店に合った物を選びましょう。

これは、あくまでメインとなる麦焼酎です。
料理に肉があれば魚もあるように、ライトタイプとハードタイプ共に品揃えは必要です。

具体的に銘柄を書くのは、止めておきますが・・・
どこにメインを置くかを決め。かつ、同じタイプばかりにならないように揃えましょう。

次は・・・芋焼酎の品揃えについて。です。
飲食店様向け vo.5