オリジナルラベル焼酎ギフト。 通称 “オリラベ ”は・・・『あなたの思いが伝わる感動ギフト』です。
お誕生日・結婚・引き出物・父の日・母の日・還暦祝・退職・開店などの記念の品にぴったりです。
顔写真HP04

焼酎の製造。

専門用語の少ない。焼酎の製造過程。(芋焼酎)

仝粁舛琉鬚鮴い一定時間水に浸して蒸気などで煮ます。

⊆僂唇鬚帽(白)の麹菌を混ぜ合わせ、33℃から40℃の温度で約40時間かけて麹を造ります。

9蹐某紊半特餽敲譴魏辰┐萄ぜ、25℃から30℃の温度で約7日間をかけて発酵に必要な酵母を増殖させ一次もろみを造ります。

ぐ貅,發蹐澆飽鬚反紊魏辰┐萄ぜ、25℃から30℃の温度で約8日〜20日間かけて発酵させ、二次もろみを造ります。

テ鷦,發蹐澆鮠留機に入れて沸騰させ、上がった蒸気を冷却し原酒を造ります。

Ω脅鬚ら余分な油分をろ過しタンクで熟成させます。

Ц脅鬚亡泙泙譴詬省な成分をろ過して精製します。

┸紊魏辰┐謄▲襯魁璽訶擔瑤鯆汗阿掘瓶などの容器に詰めて出来上がり。


※清酒と決定的に異なるのは蒸留を行うことです。

・△了、黒麹菌を使うと芳醇な風味、白麹菌ではソフトな風味になります。
・イ両留を一度だけするのが、単式蒸留。連続して行うのが、連続式蒸留。
・イ両留で機械の圧力を下げて行うのが減圧蒸留。ソフトな口当たりになります。
 イ両留で機械を減圧しないのが常圧蒸留。芋の風味の残る、コクのある味になります。
・Δ涼蔵で、甕に入れれば甕貯蔵。樽に入れれば、樽貯蔵。
・Г里躄瓩鬚靴覆韻譴弌¬救媛瓠 
・┐凌紊魏辰┐覆韻譴弌原酒。

※かなり乱暴に略させて頂いてます。実際は何倍もの手間が掛かってます。

焼酎の製造。